そろそろ猛暑の終わり?

三日前から夕方や夜になると雨が降ります。
この雨で庭や畑の雑草が勢いを増して来ました。
植物も正直です。

今晩の日本テレビの番組、「世界番付」を見ていました。(パソコンしながら)
明日が24時間テレビと言う事もあって、関連付けるメニューでした。
その中で、「超感動ストーリー番付」があって、その三位から。
アメリカの、戦地に行ってる軍人さんの子供たちへのサプライズ。
学校の教室で勉強している子供の父親が、一年ぶりに姿を見せます。
言葉も無く泣き顔で掛け寄る子供。その子を抱き上げる父親。そんな姿が三人見られました。

スタジオのタレントたちも涙ぐんでいます。
一位がアメリカの「天国からの手紙」でした。
6歳の女の子が脳腫瘍で余命4カ月と宣告されて、それでも良くなると信じて頑張る。
両親と妹は、彼女に最高の日々を送らせてあげようと、したかった事を実現させてあげる。
でも、8ヶ月後に亡くなってしまう。
すると、家のいたるところから彼女の手紙が(メモくらいの物)みつかる。
大好きママとか、愛してるパパとか書いてある物。
亡くなって数年が経過した今も、見つかっていると言うお話。
スタジオの皆さん泣いていた。

でも私は違った。
二番目に出たゾウさん親子の映像。
小象が井戸に落ちて、這い上がろうとするけど出られない。母親と思われる象が手伝おうとするけど上がれない。兄弟と思われる小象よりちょっと大きめの象と三匹。
そこへレンジャーの車が近付く。「助けてあげるからどきなさい」と言いながら、車が来るのを邪魔しようとする親の象を森へと追いやる。
それから何度も失敗しながら、小象にロープをかけて車で引く。なんとか引き上げられて自由になった小象が、荒野を走る。親の象が行った方へと走る。すると親象が遠くから走って来る。その後ろから兄弟象も走って来る。
その姿を見た時、泣けてきて、「頑張れ頑張れ、お母さんの所まで頑張れ」と言いながら泣けて来ました。
やっと会えた時、小象はおっぱいを飲み始めました。
その三匹の象の出来ごとに、凄く泣けてしまいました。

何故か動物には無条件で泣かされます。


我が家の小さな庭で、この夏も蝉が誕生して行きました。
写真の数よりもう二つ見つけましたから、全部で13匹です。
今年は多かったです。
でも、今年も卵を産んだんでしょうか。それが気がかりです。
a0303241_22173013.jpg

[PR]

by kebinmay | 2013-08-23 22:17