ホテルでの事件。

私はお風呂やシャンプーはゆっくりなので、先に友人に入って頂きました。
昨日の宿泊施設では、バスタオルが無くて普通のタオルが何枚も置いてありましたが、ちょっとシャンプーもシャワーもする気分になれませんでした。
そんな訳で、今晩は入れるぞ―、と気合を入れていたわけです。

先に入った友人は、しばらくするとガタンと言うような音がしたと思ったら、バシャバシャと水の音がしたり、ちょっと気になりましたが私はテレビを見ていました。
すると、バスタオルを巻いた姿で出てきて、「大変、お湯が出無くなった」と言うのです。
頭は濡れたまま、「で、どうしたの?」と聞くと、「バスタブに溜めたお湯でシャンプーを流してきた」と言うのです。
でも、フロントに電話してこんな格好の所に来られても困るし、と言うのでしばし様子を見る事に。
一気に皆さんが使い始めたので、お湯が間に合わなくなったのかな、等と勝手な解釈をしたりしていました。

しばらくして、普通に出るようになったので、よかったよかった、それでは私が入りましょ、と言う事で私はバスタブにお湯を溜めずにシャンプーを始めました。
ところが、アワがたっぷりのままお湯は出無くなったのです。
お湯だけではありません、水も出ません。
裸のまま、頭にはシャンプーが付いたまま、何度も出してみたり辞めたりしましたが全く出る気配なし。

困った。
と、バスタブの淵に腰かけて裸のまま待ちました。
どうにもならなさそうなので、洗面台にチュロチョロ出るお湯を何とか溜めて、ハンドタオルを使って頭のアワを流しました。チョロチョロのお湯を何度か溜め直して流しました。
体はすっかり冷えて、もう何もせずに寝ました。
翌朝も6時50分フロント集合でしたが、モーニングコールをしてくれると言うので、携帯の目覚ましはセットしませんでした。

翌朝目が覚めて携帯の時間を見ると6時46分。
ん?見間違いか?
と、今度はしっかり見たのですが6時46分です。
モーニングコールあったの?
友人に声をかけるとビックリして起きました。
そこから二人はあっという間に着替えて、私はスッピンのままフロントへ駆けつけました。

殆どの人はもう外の朝食を取るレストランへと出ていました。
何人かは私達と同じ、慌てて起きてきたようでした。
後で知ったのですが、ガイドさんがモーニングコールお願いするのを忘れたそうです。

そんなこんなで昨夜の事件の事も話さず、その日の行程がスタートしました。


この日の朝食は、何故かあまり覚えていません。

a0303241_21385764.jpg



a0303241_21382974.jpg


この中にご飯があったような。上の写真の卵の入った器に、ここからご飯を取って卵に入れて食べた気がします。味も美味しかったと思います。
[PR]

by kebinmay | 2013-11-22 21:41