リラックスできるかな?スパ。

鎮安紅参(ホンサム)スパ。
鎮安は鎮安郡(チナングン)、紅参(ホンサム)は高麗人参の6年根を蒸したものだそうです。

そちらへ行く途中に、人参のお店へ。

a0303241_10593177.jpg


皆さん結構買われていましたよ。
私はいつも変な物買う人なので、韓屋村へ行った時の南部市場でも、生のクチナシ(実)を見つけたので買ったのですが、こちらでは乾燥させたクチナシの実(よく色付けように売ってる物)が沢山あったのでまた買ってしまいました。
糸を染めてみたいのです。
他にはドライ加工したベリーとか、菊茶に使う菊の花。この菊の花は何か加工されてると思います。
今だ菊の黄色い色がそのままなのと、葉っぱも緑色です。


そこからやっと着いたスパ。
フロアーにはデェ~ンとこんなものがあり、臭い(高麗人参の)も結構強く感じられました。

a0303241_1234944.jpg


やはりデジタル化が進んでる韓国。地方へ来てもそこは同じでした。
ロッカーのカギは渡されたデジタルカード(丸かったですけど)を腕に付けて、それをロッカーにタッチすると開きます。閉まります。
その人の行動が把握されます。

水着を着て、シャワーを浴びて、エレベーターで二階のプールへ。
ここは日本でもよく見かけるプールでした。さまざまな水圧が楽しめて、マッサージ等が出来るプールです。
その周りの部屋は、それぞれ受けられるサービスが違っていて、私たちは5個のサービスをそれぞれ受ける事になっていました。

最初に受けたのは、タイルが張られた椅子に(王様の椅子のように大きい)腰かけて、待っています。
この椅子も室内も暖かいです。サウナのようです。でも待っていると小さなお皿を渡されて、そこに入っている物を指で混ぜて顔に塗るように言われました。
室内には6人。塗った人の顔を見ると、誰なのかわかりません。
しばらくその状態で待っていると、頭の上の天井に付けられた洗面器位の大きさのシャワーヘッドから、勢いよくシャワーが出て来ました。
今まで経験した事のない雨の降り方のようなシャワーです。
(溺れるか)と思いました。
それで顔もすべて流して終了です。

ちょっと休んで、次は泡のお風呂、と言うのでどんなのかと思ったのですが、室内が丸くなっていました。
王様の椅子の時のようなタイルが貼ってあるところは低いです。
足場が狭く、タイルなので滑るので私はちょっと怖かったのですが、どうしてもな感じでしたので行くと、ガイドさんが手を取ってくれましたがとにかく怖かった。
腕も足にも力が入らなかったので、ツルンと行ったらお尻がドデンと行くと思って、緊張しました。

やっと腰を下ろせて待っていると、背中の方から泡がドンドン出て来ました。
まあるい場所に、40人近くの人がいたのではないでしょうか。
その人たちがドーナツ型に座ってると、泡にまみれて来ます。
それぞれの隣の人の背中にもかけてあげてマッサージしてあげます。
凄い泡でした。
それも天井に付いて大きなシャワーヘッドから、物凄い勢いで出て来るシャワーに溺れそうになりながら、泡をすべて流して終了です。凄かったです。

次は石の風呂。
暖かな石をたくさん置いてあるベットで横になって過ごすようです。
この石にも何か効用があるようなのですが、私はこれはパスしました。
忙しくて楽しんでる暇がありません。
それでアロマ風呂なるものへ行きました。
小さな器に入ったハーブのエキスのような物を、独りづつのお風呂へ入れて、そこに入るのです。
暖かくて気持ちの良いお風呂でしたが、長くは入っていられませんでした。


次は最後にハーブ風呂。
まるで馬などの「かいば」桶のような、桶では無く人が入れる長方形の物でしたが、板で作られた物に、ハーブの乾燥した物(まるで乾燥した藁を切った物が入ってるような)が入っていて、その上に大きなシーツのような布がかけてあり、そこへ横になるのです。
すると下から暖かさが伝わって来て、心地よい気分になれました。

すべてが終わって屋上へ行って馬耳山を見学する人、私は見学へは行かずにそのまま下へ。
お風呂があって、そこで体を温めて洗ってロッカールームへ。
着替えて終了ですが、スッピンだったので綺麗にお化粧されてる人が殆どでしたが、私は朝からスッピンでしたので、この日は一日中スッピンで過ごす事に。

こちらへ来た頃から雨が降り始めていたのですが、帰りにもまだぽつぽつ降っていました。
スパでだいぶ遊びましたので、やはり疲れました。
ここからまた全州市韓屋村へ行って、夕食を頂きます。


土曜日の夜と言う事もあり、韓屋村はかなり込み合っていました。
そちらにあるお店で、メセンイカルビタン と言う食事でした。
牛骨が多く出ていたように思います。

a0303241_11562673.jpg


a0303241_1255377.jpg


a0303241_1261979.jpg


a0303241_1275263.jpg


a0303241_1285857.jpg



この韓紙で作られた照明はなんとも趣がありますね。
韓紙を買いたかったのですが、まやいろいろ歩いて迷惑かけたらいけないので、今回は我慢しました。


たっぷり食べて、ここで解散。ホテルまでの道のりは近いので、散策しながらそれぞれでお帰りくださいと言う事で、夜のにぎわいの中、雨もあがりにぎわうお店を覗きながら、ホテルへと帰りました。
[PR]

by kebinmay | 2013-11-25 12:00