乾燥中。

顔がヒリヒリします。
危険な状況です。
外出の予定が無い日はスッピンでいます。それがいけないんだと思います。
若い頃はしっかりお化粧してたのに、いけませんね油断しちゃ。

昨日、スーパーでこんなの見つけて即購入。
「ゆず」「かりん」「しょうが」「レモン」がありましたが、「ゆず」だけ高知県産ゆず、と書いてありました。

a0303241_2353390.jpg


今晩飲んでみましたが、・・・・・?ちょっと甘いですかね。

縫ったり編んだりしていると、テレビは見ていられません。
目で見ないと理解できない場面がありますし、その都度目を向けていたら、針や網目が迷子になってしまいます。
そんななかで、昨日見たテレビ番組で、「世界の村で発見!こんなところに日本人」がありました。
途中からだったのですが、凄い人があるんだな、と、改めて感心させられました。
ネパールの奥地の更に奥地、そんなところに日本人の20代女性が、高校生の頃思った事を実行してると。
恵まれない環境の人々の助けになりたい、と国際協力団体からの派遣で、助産施設の建設と助産士さんを育成している。

現地の人達の中に溶け込み、信頼を得て活動出来ている姿は、どんな苦労を経て来たんだろう、と思いました。日本の若者も、偉いもんですね。

もう一人はルワンダの40代初めの男性と奥さん。
以前は日本の官僚エリートだった。
現場で働きたくて国連職員に応募し採用されてルワンダに来た。
でも、期限が来て帰国、と言う時になって現地に残って仕事をやり遂げたい為に、国家公務員の職を辞めた。
派遣期限が過ぎてるので今はボランティアでその職場にいた。

奥様が生活を助けるために、現地の人と起業して民族品を販売、日本へも輸出したり。
大使館でも働いていた。
番組から派遣された人に、「東大法学部出身」の肩書があって、どうして更にここに残ってる必要があるのかと聞かれて、そんなのは世界では誰もわからない、「何をした人」、の実績が無ければ世界は相手にしてくれない、と。

この方の「サイズ」もすごいなぁ~と感心しました。


自分も自分のステージで(自分の立場で)頑張ろう、と思わせてくれる人達でした。


a0303241_23413839.jpg


18日の夜から19日の朝にかけて降った雪。
19日に撮ったものです。
ケビンの尻尾はゴールデンにしては貧相です。
1歳の頃、アレルギーで尻尾の内側が真っ赤になり、毛を自分で引き抜いたのが原因だと思います。
ゴールデンは、バッサバッサの尻尾が魅力なのにね。
[PR]

by kebinmay | 2014-01-25 23:44