キルトフェスティバル最後。

今回は更に、日本のキルトの先駆者的存在の「黒羽志寿子」さんのお仕事が取り上げられています。
作品は、いつも藍染の生地を使ってらっしゃる、日本的な作品を作られる方、としか知らなかったのですが、まぁ違ってはいませんけど、藍染めや、機織りまで展示されていました。

a0303241_2354641.jpg


a0303241_2364476.jpg


a0303241_2373810.jpg


a0303241_2383480.jpg


a0303241_2391416.jpg


今回の黒羽さんの作品は「宇宙」だったかな? ↓  

a0303241_2311142.jpg


もっと引いて撮影したら良かったんですけど、後ろにも沢山人がいて、ぶつかっちゃうので出来ませんでした。
宇宙的なもの、伝わりますかね。


私の手仕事、で、3人紹介されていた中の「研 ナオコ」さんの手仕事です。

a0303241_23143818.jpg



みなさん、お忙しい中でもしっかりと、手仕事されてるんですね。

以下はさまざまなから作品です。私が気にとめた作品ですかね。

a0303241_23164241.jpg


a0303241_23171859.jpg


a0303241_23171815.jpg


a0303241_231898.jpg


a0303241_23181794.jpg


a0303241_2319143.jpg


a0303241_23191343.jpg


a0303241_23195981.jpg


a0303241_2320139.jpg



ジュニア部門もあるんですよ。
こんなことから将来のクリエーターが誕生していくのでしょうね。
私達の世代は、お人形さんごっことかで、お人形さんの洋服作りとかしたものですが、今の子供達は針と糸を持つなんて、学校でしかないんでしょうね。

a0303241_23233717.jpg



今回思った事は、まずはどんな形にせよ、完成させること。
それの繰り返しで技術は身に着くのかなって、感じましたね。


今日で、東京ドームでも終わりです。
また来年が楽しみです。
[PR]

by kebinmay | 2014-01-29 23:25