帰ってもう4日過ぎました。

今頃のUPです。

でもいつものソウルなんです。
友人から、「ねぇ、韓国行かない?」と言われたのが、出発予定の2週間前。
「行く行く」と答えてから検索です。
彼女は行く日が決まっています。
いつもこうなのです。

行く日に合わせた色々を探して、結局お高い旅費になってしまうのですが、しょうがないです。
「ソウル伝統文化体験館」での、マッコリ作り→韓服着ての撮影→食事、を予約して、他は市場にでも行ってみる事に。
なにしろ、2泊3日の旅でしたので。

ソウルの知人には、「2泊3日じゃ飛行機代がもったいないよ」と言われましたが、仕方が無いです。
友人の行ける日程がそれだけなのですから。

ソウルは、日本と同じように花がいっぱいでした。
桜、レンギョウ、雪柳、お花見地域は人でいっぱい。
路は車が渋滞。日本と少しも違わないじゃないですか。


ホテルは4度目?かの「The Plaza」。ここは眼の前に広場があって、なんか開放的なんです。

a0303241_21414029.jpg


このグリーンが今は芝がありますが、冬はスケートリンクになったりするんですよね。
右端の方に、尖がったテントが沢山ありますが、この時期は「植木市」のような物が開催されていました。
前に見えてる古い建物は、日本統治時代の市役所、その後ろのガラス張りの建物が現在の市役所。
古い市役所の建物は、今は図書館になっています。
こうして街の中のあちらこちらに、日本統治時代の建物が今も残っています。

a0303241_21503950.jpg


ここはソウル駅です。
ちょっと見、東京駅に似たような古い部分がありますね。
ホテルとはあまり遠く離れた場所ではありません。

a0303241_21575616.jpg


ここも日本統治時代の建物で、韓国銀行の看板がありますが、博物館になってるようです。
同じようにホテルからは近く、ソウル駅に行く途中でもあります。


でもね、報道されてるような、日本人を毛嫌いしてる人にはなかなか出会えるものではありません。
勿論、出会いたくはありませんが。
ビルの電光掲示板?じゃなくて、大きな画像が出る何とかビジョン?と言うのかな?そこには慰安婦像や多分その事についての文字や映像などが出ていました。


繁華街は何処を見ても中国の人々。少しは東南アジア系の人々も。
かつてはあちこちに見られた日本人はほんとに少なくなりましたね。

もう何年になるか忘れましたが、知り合いになった知人がいます。
ちょうどホテルから地下へ入ってすぐの、地下の商店街にお店を構えてる人ですが、もう不景気でだめと言っていました。
今度来たら自分の家に泊って、と言いますが、いまいちそこまで信用しちゃっていいのかな?とも思ったり。
日本の義理人情が通用する社会ではありませんからね。

今は行く前に電話連絡したり、お土産持って行ったり。
彼女も、東日本大震災の為の募金を集めたり、ボランティアしたり色々してくれてました。
こんな地道なお付き合いが、お互いの文化や生活を知る事に繋がり、平和的友好が築かれるといいですね。
[PR]

by kebinmay | 2014-04-12 22:28