前回UPし忘れた写真から。

頂いて来た、まっこり。

a0303241_2030280.jpg


このボトルを包んであった橙色のハンカチ。
これには作り方が絵で書いてあって、ハングルが書いてあるんですが、読めません。
別紙で、レシピが付いていました。


さてさて、広蔵市場へ行ったのですが、なにしろたっぷりの昼食を頂いた後だったので、何を見ても食べてみる気になれません。
友人は、小豆粥が食べてみたかったのですが、まったくだめでした。
次回は時間を考えて来ましょうね、と話したのでした。

ここは、韓屋で知り合ったイギリス人の旅行者も、一番好きだと言ってました。
私は、韓国でも色々な市場へ行ってみましたが、今までのところここが一番活気があって好きですね。
でも、河南地区の市場や、釜山の国際市場を見た事がありません。
今後のお楽しみですね。

ところが、以前から憧れていた韓国の寝具。
ちょうど寝具屋さんの前を通ったんですね。
入ってみました。友人は、まさか私がそんなところへ入るとは思わなくて、えっ、ほんとに入るの?って感じでした。
色々見たり聞いたりしているうちに、買う事になったんですよ。
送ってもらえますか?と聞いても通じなくて、結局次を考えての店主さんの行動は、掃除機を持ってきて、これで圧縮するから持っていける、と言う事でした。

買ってしまってこの荷物を持ちながら歩くのは大変なので、すぐ地下鉄でホテルへと帰りました。
残念な事に、写真を撮るのも忘れて、持ち帰りました。
何故わざわざ寝具を?
え~とですね、よくドラマを見ていると、薄い敷き布団のダブルサイズと、同じ掛け布団がとてもゆったりと見えたんですね。韓国は床暖房なので、敷き布団は薄いのでしょうね。
それに綺麗なんですよね。シルクの物は、結構なお値段でしたが、買ったのは綿です。

友人はシルクの寝具が気に入ったようでしたが、1セット4~5万円でした。
ほんとに綺麗なんですよ。刺繍が沢山してあって。


一休みしてから知人のお店に出かけました。
夕食は何にするの?と言うので、友人が食べたいと言っていた、参鶏湯、と言うと、自分の行ってるお店に電話してあげるから、行ってみなさい、と言うので行く事に。
繁華街から離れた、ホテルからは近くのお店で、彼女が電話してくれてサービスしてもらいました。


夜の繁華街にも行って、結構歩きました。風が寒かったんですよ。
もう明日は帰国の日。やはり短い旅でした。
そんなこんな話しながらホテルへ帰り、部屋へ戻ると、あれ?ちょっと膨らんでない?
圧縮した布団の袋が、ちょっと大きくなってるような。

なにしろですね、日本で言う圧縮袋での圧縮ではなくて、透明のごみ袋の大きいものに入れての圧縮で、口はグルグルとねじってガムテープで止めた物。
いかにも韓国らしいものだったんです。

ある程度空気が入ってもしょうがないです。でも入り始めたらきりが無いかな?
なんて心配しながらその日は寝たのでした。


a0303241_2121559.jpg


韓屋で、お茶の時頂いたお菓子と、昼食で出てきたお菓子が美味しかったので、詰め合わせを買ってきました。







[PR]

by kebinmay | 2014-04-17 21:22