もう帰国の日です。

やはり短いです。
まるまる一日動けるのはたった一日。
一度は長期滞在してみたいものです。

さて空港へ行くまで時間がありました。
こんな時はスーパーマーケット探索がいいかな、とソウル駅のロッテスーパーマーケットへ行ってみる事にしました。
と言う事は、お布団は幸いな事に、夜中に爆発しなかったんですよ。
無事でした。

ホテル正面からタクシーで、ソウル駅へ向かいました。
ソウルのタクシーは結構お安くて、2800ウォン位からだったと思います。(280円位)
駅に着いた時のメーターは3200ウォンでした。

a0303241_20261217.jpg



まだ朝の早い時間で、スーパーは開店時間前でした。
でも、ウロウロしていると開店したので探索です。
昨年も見た卵の売り場は、ここでもビッシリでした。
1パックの量が30個なんですね。なんか珍しくて、見とれてしまいます。

a0303241_20292959.jpg


a0303241_20312855.jpg


次に見事なのが乳製品。ひょっとしてシャンプーなどかな?と見間違うほどのカラフルさ。
日本のような紙パックは少ない気がしました。

a0303241_20332437.jpg


面白かったのは、トングを買って来たのですが、よく見たら、新潟県燕三条市の会社の中国工場で製造された物を、韓国のスーパーで買って日本へ持ってきた、と言う事になりました。
今、世界はこんな状態なんですね。(海外へ行って、トング買って来る人もいないか。)


a0303241_20375584.jpg


ちょっとのビルの隙間から見えたソウルタワー。
なんか別の風景のようでした。

そろそろホテルへ帰って荷物をまとめたりしなくちゃ。
と言う事で、またタクシーで帰る事に。
もう活動時間帯でしたので、タクシー乗り場は列が出来ていて、それでも係の人がいて、整理して乗せてくれていました。

誘導されて乗ったタクシー、出発してホットしてる間に、右折したか左折したかわからなかったのですが、ふと気が付いて窓の外を見たら、さっき乗ったソウル駅前をまた通り過ぎてました。
あれ?と思ったのですが、しばらくして変だなと思ってメーターを見たら、もう3000ウォンになってる。
それからは窓の外の風景に気を付けていたのですが、見た事無い風景。
更にガ―ド下など通ってる。
まだまだホテルに着きそうにない。

友人を不安にしたくなかったので、何気なさを装いながら、「アジョッシ、プラザホテル ヨ」と言ったら、「ア、イエ、、イエ、プラザ」と言うので、聞き間違ってる様子でもない。
その内、日本語はわからない、という反応で無言だった運転手さんは、鼻歌を歌いだした。
それから間もなくしてホテルの通りが見えだした。
なんだやっぱり他を通りながらメーターUPを狙ったんだ、と思ってメーターを見たら5200ウォンにもなっていました。
ばれそうになって、鼻歌でごまかした?

でも、無事にホテルに着いたので、何も言わずにお金を払って降りました。

こんな経験も初めてでした。


迎えに来てくれたガイドさん達と、空港へ着いて、搭乗手続きや荷物を預ける手続きをしていて、例の黒い袋が眼に着いたガイドさんが、「何を買ったんですか?」と。
友人が、「寝具買ったんですよ」と言ったら、「え~~~っ」と言われました。
でも何事も無く預けられました。



羽田空港へ着いてから、出てきた荷物は特に変化も無く、無事でした。
さすがに電車のなかは、大きな荷物を二個も持っては厳しいので、空港から宅急便で発送しました。
翌日の朝には自宅へ着きましたので、楽チンでした。
まだ寝てみていませんが、もう少し暖かくなったら、広げて寝てみようと思っています。
楽しみ。(ケビンと一緒に寝られるかも)
[PR]

by kebinmay | 2014-04-18 20:38