たったの2週間。

先月の25日からの私。

まず25日に、姉の夫、義兄から電話があり、姉が救急入院し循環器の手術を受けたが、結果は思わしくない。会わせたい人がいたら会わせるように、とお医者さんに言われたと。

翌26日は孫の行事で、以前から長男家族から予定を入れられていました。
初の事ですし、参加してあげないといけない、と思っていたので長男家族の方へ行きました。

a0303241_21293337.jpg


帰宅できたのは15時過ぎ。
それから姉のところ、宮城県へ向かうつもりでした。
ですが、時間を計算してみると、病院へ着くのが20時半頃になります。
結果、病院へは入れないだろう、と言う事で翌日向かう事に変更。
翌朝、6時半の電車に乗りました。

震災以前は、仙台駅から一度乗り換えて、そのまま病院のある街まで行けたのですが、今は三度乗り換えないと行けません。それぞれの乗り換えには待ち時間がかかります。
時間的には、遠くなってしまいました。
着いたのは12時を過ぎていました


姉がいる家のすぐ隣には、母の実家、母の弟の家があり、その娘である従妹のところに私は泊まりました。
姉の心臓は、知らぬ間に、どんどん老化が進み、一本の冠動脈はまったく血液が通わず、筋肉は壊死した状態で、もう一本の冠動脈が、その分をカバーして、太く大きくなっており、こちらも危うくなっているとのことでした。
カテーテルも通らない状態で、ここ数日で死にいたるリスクが大きい、との診断だったようです。

その数日の日数が過ぎて、このまま落ち着きそうなので、私は一旦帰りました。
帰りは別のルートで、2時間半で帰宅出来ました。


その後、11月8日に行われる市のイベントの打ち合わせに出席し一週間が終わりました。


かねてより予定されていた、私が参加している韓国観光公社からの招待による、仁川市への出発が2日です。
羽田が9時45分発です。
当日は羽田へ7時半には着こうと、朝は4時半に起きて、5時36分の電車に乗りました。
ツアーとは違う、一人で目的のホテルまでの行程です。

順調に金浦空港へ着く事が出来ましたが、初日はソウルにあるホテルに宿泊の為、一人でソウルへ電車で向かいます。
その行程が、色々ありました。

翌日からは今回の目的、観光公社からの課題をこなさなければなりません。
6個のグループに分かれて、それぞれのグループで行動します。
目的地、仁川市まではチャーターバスで行きましたが、一日中6個の課題をこなしました。

夜は公社主催の交流会です。
サムギョプサルを頂きながら、今回の旅に付いてや、それぞれの韓国感を話し合いました。
一日中仁川市で、宿泊もそこのホテルでした。
つまり、われわれメンバーは、仁川市の広報を指示された訳です。


韓国はソウルがメインになっていますが、これからは仁川市を韓国第二の都市に発展させる予定だそうで、
さまざまな場所を見させていただきました。


帰国は翌日の19時30分金浦空港発です。
仁川市からまた金浦空港までも一人での行動です。
やっと羽田に着いても、終電に間に合うよう、ドキドキの行動でしたが、なんとか終電前に乗る事が出来、無事に自宅へ帰れた時は、24時を過ぎていました。
ケビンとヴォスの、熱烈な歓迎を受け、やっとホッと出来た時でした。

それから3日め、今日あたりやっと疲れが取れてきた感じですが、明日は市のイベントの主催側ですので、9時から会場に行っていなければなりません。
16時過ぎには会場を後に出来ると思いますが、それで一段落出来ると、ちょっと気持ちが楽になりそうです。


a0303241_22202053.jpg




ここには私達グループと、韓国のご婦人が何人かいらっしゃいます。
どの方が韓国の人達かわかりますか?
この写真を撮るほんの数分前に声をかけて一緒に写って頂きました。
[PR]

by kebinmay | 2014-11-07 22:23