姉が亡くなりまして。

この10年で、姉はまったく別人のような体になりまして、とうとう先月亡くなってしまいました。

昨年10月末、心筋梗塞で倒れ、循環器センターに運ばれましたが、信じられない程の症状で、「会わせたい方々には会わせてあげてください」とお医者さんから言われたと連絡があり、急いで宮城へ行きましたが、完全な治療も出来ず、その後11月には自宅に帰る事が出来ました。

それから約3カ月、2月23日、夜布団へ入った後3時間後には呼吸が止まっていたと。

その人の最後ですが、とにかく寒くて大変でした。
馴染みのない県北の葬儀場と、更に北部の火葬場。
火葬場はどこも忙しいそうです。

とりあえず、一通りの事が終わり、先に帰宅していた夫が熱を出した事もあり、帰宅したのが3月2日。
一人残った義兄を手伝うため、また行かないといけません。


95歳の母がまだ元気でいるのに、69歳で亡くなってしまった姉。
若い頃は、私よりも馬力があったのに、ここ10年でガタガタになっていく姿は、現実とは思えないようでした。
でも、最後は義兄に介護されて、静かに逝ってしまった姿は、幸せだったのだと思いました。


私はまだ実感として捉えられない感じです。


a0303241_22254425.jpg


これらを買ってきて、植える間もなく宮城へ駆けつけました。
今もまだこのままです。
明日は植えてあげたいです。
[PR]

by kebinmay | 2015-03-04 22:26