でも、やっぱり忙しい。

4日に来るかと待っていたら、早朝に成田に着いて、ホテルのチェックイン時間まで待っていて、昨夜は寝ていないので、チェックインしたら寝たいです、と言うオーストラリアから来たイギリス人。
そんな訳で、昨日やってきた二人のお客さん。
10年前に、我が家で半年過ごした彼は、2年前にもやってきましたけど、今回は若い女性と一緒。
日本で一週間過ごして、イギリスへ行き、その後フランスへ行って、オーストラリアへ帰る予定。
もしかして、結婚する相手?

などと、勝手に解釈した我が家は、旅行を続ける彼らに、お土産を渡せないので、お祝い金もかねて、ご祝儀として、以前イギリスへ行った時から残っていたポンドを、日本式にご祝儀袋へ入れて、渡す準備をしていました。
2人が来て、色々話していると、どうも結婚までは行ってない様子。
今後も、そうなるかは疑問。

と言う事で、渡す前に、中身をそっと半分位に抜き取りました。
それでも、こんなにたくさん、と、喜ばれました。



いくら日本が好きな二人とはいえ、おろそかには出来ません。
まずは日本的に、桜餅等和菓子を出して、煎茶を出しました。
これが日本式なのよ、と説明しながら。
勿論、紅茶も出して、ミルクもそえました。彼らはミルクティーが好きですから。


若い彼らは、渋谷などを歩き、ラーメンを食べて、秋葉原で買い物をしてきたらしい。
一緒に来た彼女は、日本が3回目。
でも、日本の家庭を訪問したのは初めて。
まるで漫画雑誌の女の子ってスタイル。
もっと別の日本も知ってほしい。


そんな訳で、夕食は奮発しました。
お刺身も、お鮨も、天ぷらやお豆腐もついたご膳を食べに、レストランへ行きました。
ここで出されたデザートも、桜餅等。やはり時期ですからねぇ。


そんなこんなで、接待は疲れますね。
29歳と22歳の若者、と言いましても、しっかりと相手しましたので結構疲れました。


a0303241_002941.jpg


一緒に写っているケビンの眼を修正しようとして、ちょっと間違えたら彼の顔や腕に、グレーの色が出てしまいました。
消そうとしましたが、うまくいきません。
彼はタトゥ―はしていません。
[PR]

by kebinmay | 2015-03-07 00:02