<   2014年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

猫。

平成3年の秋に我が家にやって来た、日本猫MIXの野良ちゃん子猫は、白黒のツートンカラーでした。
長い尻尾の男の子。
当時は私の掌に収まるサイズで、500グラムでした。
とても活発で、廊下では三角飛びをして遊びました。
寝る時は必ず誰かの布団に入り、腕枕をして寝ました。
腕を出さないと、体と腕の間を掘り掘りしました。

ベランダから屋根に出て、一周していましたが、屋根から脱走企てる事はありませんでした。
玄関が開いたら、隙あらば脱走しようとは常に狙っていました。
脱走すると、捕まらないように、全力疾走しましたし、おトイレに行きたくなると、走って帰って来て自分のおトイレにダイブしていました。
外で排泄は出来ないようでした。

その猫は、平成18年に亡くなりました。
何の変化も感じることが無かったのですが、翌朝亡くなっていました。
それから一年間は猫は飼わなかったのですが、一年過ぎると、猫に会いたくなって、そろそろ良いかなぁ~と思って飼ったのがヴォスでした。

a0303241_22424930.jpg


ところが、このヴォスは、何から何まで先住猫とは違っていました。
以前のは野良ちゃんだったので、今回はちょっと違うのを、と思って探して飼ったノルウェージャンだったのですが、大型猫とはいえ、抱っこ出来ないのです。
現在の体重8キロ以上。
その体重であのグニャグニャになる体です。
私の腕では抱っこ出来ません。

a0303241_2248332.jpg


猫は抱っこして可愛がるイメージがあるのですが、それが出来ないのは半分楽しみが無い。
更に膝の上で丸くなって寝る。これもヴォスは出来ません。
体を丸くして寝る事が無いのです。
寝る時は布団に入っては来ません。布団のわきで寝ています。
ベランダに出したら、物置の屋根に移ったりしながら、脱走したんです。

脱走しても、近くにいたら呼べばニャ~と言いながら来ます。
でも、外でシッコします。
ケビンが庭に出たら、必ず自分も出ると騒ぎます。

a0303241_22573333.jpg


これらの写真も、ヴォスのいつものスタイルです。
猫がこんなスタイルで寝るのもヴォスで知りました。
箱に入ったり、袋に入るのが好きなのが猫というイメージがあったのですが、見事に裏切られました。
まったくそんな物には興味を示さないのです。
鍋にさえ入りたがるのに、ヴォスはまったく興味なし。

なんか抱っこ出来る猫が欲しくなるんですよね。
もう一匹、って言ったら絶対反対されそう。
そうよね、これ以上家族は増やせない。
それなりに手はかかるんだから。

a0303241_2385017.jpg


ヴォスは、猫のイメージを大きく変えてくれました。
まだまだ知らない猫の世界があるんだと思います。
抱っこ出来ないのは私の都合です。
腕の力が無いのです。
[PR]

by kebinmay | 2014-02-27 23:15

そろそろ庭仕事も。

昨日今日の暖かさで、植物達も動きだすのではないかと、庭も気になりだしてきました。
家の(我が家ではありません。)北側には、まだちょっと雪が残っているところもありますが、殆どの雪は消えました。
雪の後の庭は汚いんですよね。
雪と一緒に紛れ込んだゴミが、雪が消えてゴミだけが残ってます。
明日は雨が降るかもしれませんが、パラパラ程度かもしれません。
この汚れを流してくれるような雨を期待しても無理かな?

ガーデンセンターにも行ってみたくなりました。
まず、土を買って来なくちゃ。
春用の花を沢山植えたいな。
植え替えするのはもうちょっと待ってからですね。
足腰強くしなくちゃ、庭仕事も出来ませんね。
もう3月ですから、ジャガイモも植えないとね。
一気に忙しくなりそう。

夫は3月後半まで自分の仕事から離れられませんので、それまでは一人でです。
私が庭に出ると、ケビンもヴォスも煩くなります。
一緒に外に出たがります。
ケビンは良いとして、ヴォスはねぇ、おとなしく庭だけにいませんからね。

a0303241_2135455.jpg


   ↑ 我が家のクリスマスローズ、今こんな状態です。
   はたして花は咲くでしょうか?


a0303241_2144826.jpg


カロライナジャスミン、外で今年の寒さに耐えました。
結構小さな蕾が見えるんですよ。


キンカン、どうしようかな。
まだ木に付いたままなんですよ。
[PR]

by kebinmay | 2014-02-26 21:08

最近の我が家。

私が留守をしていた間、庭には雪がたっぷり。
更に雪かきした後は、ぐちゃぐちゃの泥んこ。
そこをケビンは一日に何度も出入りします。
裸足でです。

玄関で手足を綺麗にして入れてるはずの夫は、仕事が気になってか、面倒だと思ってか、完全に綺麗にはしていなかったとみえて、リビングの床はザリザリでした。
でも、留守をしていたんだから文句は言えません。
濡れた雑巾でひたすら拭き掃除しました。

それでも毎日泥んこ。
おっきな手と足。
とても汚くなったのを、洗面器サイズの洗い桶で、チャポチャポ洗いますが、すぐ水が泥水に。
四本の手足を綺麗にするには、四回水を取り替えながらです。
土が乾いてないのは大変な作業が伴います。

もう一匹のこの方。
私が作業しようと広げたテーブルの上で、何かに寄りかからないと気が済まないのです。

a0303241_20521930.jpg


このスタイルで私を見ています。


高知ではこんなの買ってきました。
ホテルのオリジナルだそうです。

龍馬熊さん。

a0303241_2053596.jpg


a0303241_2057594.jpg



最近の傑作は、夫の物忘れ。
ひょっとしたら、危ない事になりかねない出来ごとなのですが、見事な出来栄えなのでUPします。

a0303241_20585327.jpg


何だと思われますか?

a0303241_20592551.jpg


先日、知り合いの方から、沢山の油揚げを頂きました。
夫は油揚げを焼いてお醤油つけて食べるのが好きなので、この日の昼食に自分で焼き始めたようです。
ところが、私は電話が来て電話中。
夫が焼いて食べたい、と言ってた事までは知っていましたが、間もなく一人で昼食を食べ始めていました。
私の電話は、久しぶりの電話でなかなか終わりません。
その内、夫は昼食が終わったようです。

何か香ばしい臭いがしているような。
でも、ケビンがファンヒーターの後ろに行って、伏せているので、毛がヒーターに入ってしまったのがあるのかな?と思いながら、電話中でした。
それでも、段々臭って来るので、そう言えば油揚げを焼くとか言ってた事を思い出し、キッチンの方へ眼をやると、煙が漂ってるような。
ビックリして電話を切り、コンロの方へ。
すると、魚焼きグリルに油揚げが入ったままで、ピーと鳴ってガスは消えていました。

その中に入っていた油揚げです。
真っ黒。

こんな事が多くなりました。

気を付けなければ。
[PR]

by kebinmay | 2014-02-24 21:16

高知家のまーちゃん。

まーちゃんと知り合えたのは、別のMSNでした。
2006年ごろだったと思います。
2007年の10月には、広島市で「日本女性会議」に出席した帰り、高知のまーちゃんを訪ねています。
それ以来の高知でした。

その後、2008年の春には、まーちゃんご夫妻が我が家へいらしています。
まーちゃん、その時はヴォスはすでに我が家にいたと思います。
今日は、そのまーちゃんの工房を紹介してみたいと思います。

まーちゃんは、一閑張の工房を開いています。


a0303241_21451054.jpg


写真がちょっと傾いていますが、ファンヒーターの上に置いて撮影したものです。
私は、このまーちゃんのデザインが大好きです。
他所の一閑張とは違って、さわやかな雰囲気なのです。


a0303241_21474441.jpg


季節によって、工房の雰囲気も変わってくるようです。
展示作品も、季節感のあるものに変わるようです。
まーちゃんは、お花の生け方もプロ並みです。
なぜなら、お姉さんがお花やさんで、そちらで長い事お花にかかわっていらっしゃったからです。


a0303241_21504717.jpg


こんな作品が並んでいますよ。
色々な空間が感じられるでしょ。

それには、何人かのデザイン家の方々が関わっていらっしゃいます。
それはまーちゃんのお人柄によるもので、やはりまーちゃん自身による作品と言えると思います。

a0303241_2154197.jpg


   ↑ 個人情報に入りますかね?
でも、ここはblogですしね、これくらいは良いですよね。


今日頂いた、昔で言うところの状差し。(ポスト?)
今回のマラソンを記念してあります。
さりげなく、そんな作品を作ってくださるのもまーちゃんです。

a0303241_21574864.jpg


a0303241_2158871.jpg


a0303241_21582395.jpg


こんなまーちゃんをサポートしてくださるのは、ご主人のはーさんです。
はーさんは、これらの作品の取っ手を、金具でキチンと取り付けてくださっています。
ご夫婦の共同作品というところでしょうか。

私にとっては、姉妹のような、頼りになるご夫婦で、故郷高知家、になってしまっています。
[PR]

by kebinmay | 2014-02-23 22:06

高知家 Ⅱ。

浅田真央ちゃんのスケートは、素晴らしかったですね。
引き込まれるような魅力で、感動が湧きあがってきましたねぇ。

でも、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森 喜郎氏が、「見事にひっくり返った。あの子、大事な時には必ず転ぶ。」等とおっしゃっとりまして、私は、イラッ!としたんですよ。
トップがこんなだから、選手はいつもの力が発揮できないのでは?
何故こんな事が言えるんでしょ。
今日のフリーの演技を見た感想を、是非お聞きしたいものですが、多分またSPの転倒さえなかったら、なんて言い出しそう。

見ていた方々の中には、メダル以上の物を頂いた、とおっしゃってる方がいらっしゃいました。
何の為のオリンピック?メダルを取る事が目的?出るからには、国の代表で行くんだからメダル?
それだけが目的だったら、悲しいんじゃない?
あれだけの感動の演技は出てこないんじゃない?
とにかく、素晴らしい演技でした。

さてさて、高知家です。
いよいよ帰る日、まーちゃんが空港までいく途中に観光しましょ、と誘ってくださって、高知城にしましょうか?
龍馬記念館にしましょうか?
時間を考えながら、両方に行きましょう、と言う事になり、出発です。

ホテルで朝食をとり、9時出発です。

a0303241_22415952.jpg


当日朝の景色です。
ホテル22階からの眺めです。


a0303241_22441497.jpg


板垣退助の銅像が。
今は、すぐわかる人は少ないのでしょうね。
以前は、紙幣になっていましたから、殆どの方はご存じだったと思うのですが。

a0303241_2248257.jpg


こちらは、山内一豊様。
奥様の銅像もありました。

天守閣まで歩くのは、ちょっと無理のようで、ここまでと思っていたら、次男夫婦は行って来ると、階段を登って行きました。
昨日はフルマラソンを走ったと言うのに、天守閣まで階段を。
若いってこういう事だった?

下でまーちゃんとウロウロしながら、お話しながら、彼らが帰って来るのを待ちました。
街の中もですけど、とにかく静かでしたねぇ。
私はいつもどんなに騒々しい所にいるんですかね。
高知城から帰りながら、ひろめ市場を見学。
私、ここが好きだったかも。
ここで、色々買っては味見したり、良いかも。次回はここね。


龍馬記念館があるところ。
以前来た時、私はこのお隣の国民宿舎に宿泊したのでした。
この時も、まーちゃんに予約して頂いた宿でした。

記念館には入館せず、周りをあちこち見学したりしている次男夫婦。
駐車場の車のナンバーは、関東や近畿、九州等。
龍馬さんは人気者です。

その後桂浜へ。
お久しぶりな龍馬様。

a0303241_231845.jpg


海岸まで行って来る若い人たち。
私たちは行かずに待つ組。
しばし楽しんでから、空港へと向かいました。

ところで、くりまんじゅうさまはどんな方でしょ?
と、心配しながら行きましたが、あちこち見まわして、JAL側の入り口にいらっしゃいました。
まさか「くりまんじゅうさま」とお呼びする訳にもいかず、「〇〇〇さん?」と本名で声をかけました。
すると、「ケビンママ?」と、大きなお声が返って来ました。
外で、この呼び名で呼ばれるのは物凄く久しぶりだったので、すごく懐かしかったです。

それからが弾丸トーク。
5人で昼食、お話に夢中でここでも写真無し。
土佐の女性って感じのくりまんじゅうさま。
出て来る言葉にも、土佐~って雰囲気がありましたね。

あっと言う間に時間が来てしまい、私たちはまーちゃんとくりまんじゅうさまを残して搭乗フロアーへ。
国内航空は乗ってからも出発はすぐですね。
窓から下を見ながら手を振りましたが、まーちゃんとくりまんじゅうさまもハンカチを振ってくださったと。

飛び立ったと思ったら、あっという間に着陸態勢に。
15時前には羽田に着きました。
お嫁ちゃんは、なんか夢だったような、そんな感じです。と言うのですが、私は翌日になってその感覚になりました。
あれだけの楽しい時間は、まるで夢の時間だったような。

はーさん、まーちゃん。
くりまんじゅうさま。
本当にありがとうございました。
次は、こちらで「おもてなし」する番です。
どうぞ、いらしてくださいね。

本当にありがとうございました。お世話になりました。


a0303241_23212956.jpg

[PR]

by kebinmay | 2014-02-21 23:21

高知家。

その日の夜は、「土佐料理 司」 に連れて行って頂きました。

外から見た建物にも趣があり、中に入っても異国風。
部屋に入ったら、文明開化の臭いがするような、畳の部屋に椅子とテーブル。
江戸時代末期から明治の初めの頃の趣。

a0303241_2132854.jpg


私とまーちゃんはお茶で、他3人はビールで乾杯。
「どろめ」とは何ぞや、から始まり、お嫁ちゃんは土佐弁に興味津々。

a0303241_2133372.jpg


次々と思い出しては土佐弁を言うまーちゃんのご主人。
ご主人は、はーさんと言います。

   ひやい。今日はひやかった。    寒い。今日は寒かった。
   のうが悪い。              調子が悪い。

これらが出て来る度に、メモるお嫁ちゃん。
急に言われてもすぐには出てこない、と言いながらヒョイヒョイと口をつく。
良いですよねぇ、方言。
その土地柄を表すものですし、無くならないでほしいのですが、若い人たちは殆ど使わないとか。
消えて行ってしまうのはもったいない。

そんな話の流れから、高知にはセブンイレブンが無いんだとか。
ローソンはあるけど、ファミリーマートも無い話になり、今はそんなところが新鮮だったりする。
最近できたのが、スターバックス。
マクドナルドは? あるよ。 ケンタッキーは? あるよ。
こんな話、なんのこっちゃ。


a0303241_2125409.jpg



ここで出てきた(注文した)カツオのタタキは、タレで頂くものと、塩味のものでした。
はーさんがおっしゃるには、最近は塩が人気なんだとか。
私達も初めはタレで(ポン酢のような、柚子ドレッシング)頂きました。
何とも言えない美味しさです。
次は塩。でも味が付いて出てきたので、どんな塩かはわかりませんが、こちらも美味しい。
とにかく、お話に夢中になり、写真があまりありません。


a0303241_2133287.jpg


これが出てきて、またびっくり。
今日のはちょっと大きいです、と言いながら運ばれてきた「焼きサバ寿司」は、初めて見る大きさでした。
香ばしい焼き味で、大きなおにぎり程の酢飯(白ゴマと生姜のみじん切りが入ってるような)が入っていて、二つも食べてお腹がギッシリ。

a0303241_21364763.jpg


デザートのあいすくりん。

a0303241_21381293.jpg


柚子ゼリー。

私の柚子に対するイメージは、香りだけが強くて、ほかの味を消してしまうほど。
あまり良いイメージはありませんでしたし、好きな物でもありませんでした。
ところが、高知の柚子は違っていました。
ジュースのような美味しさがあり、香りだけが強い感じは無く、とても甘みもありました。
さわやかで、とても美味しい物でした。


a0303241_21421581.jpg


高知へ来たからにはここに行かないと。
「はりまやばし」です。
夜ですから、からくり時計は見られませんでしたが、この赤い橋の脇に立ち、記念写真を撮りました。

と、ここでblogで知り合った「くりまんじゅうさま」から電話が入りました。
「ママ、今どこにおるん?」 「今ね、はりまやばし」 「今日は何処で応援したん?」「テレビでぇ~」等と答えながら、明日の予定を話し、くりまんじゅうさまは空港へ来てくれる事になったのでした。


今日はここまで。
[PR]

by kebinmay | 2014-02-20 21:46

高知龍馬マラソン。

2月は東京マラソンがあります。
次男夫婦は、毎年何かの枠で東京マラソンに参加できていました。
それが今年はダメだったのだろうと思います。
「高知龍馬マラソン」に参加すると、昨年12月に言いました。

私も行きたい!
早速、旅割60に予約。
そうして待ち焦がれていた高知行きでした。


前日受付が出来なかった彼らは、当日受付で早朝に出かけます。
貴重品をあずかってほしいから、朝6時に私の部屋に来ると。
私は朝が苦手だから、フロントに預けなさいと言ったのですが、預かってほしいと。
しょうがない、預かったらまた少し寝るか、が私の気持ち。

スタートが9時なので、朝の用事が終わってから、昼までテレビ高知放送で応援する事にしました。
画面から見える高知の風景は、とても気持ちが良さそうで、私も外に出てみたくなりました。


a0303241_2156115.jpg


これは、ホテルで食べたホットサンド。
とても美味しかったです。
何よりも、このカップやソーサーの可愛い事。


a0303241_21572115.jpg


a0303241_21573247.jpg


ホテルの後ろにはこんな光景が。
なんかヨーロッパ等で見かける光景のような、豊かな暮らしのように感じました。


a0303241_220535.jpg


a0303241_2205487.jpg


これは桜の木で、桜が咲くころには、お花見で沢山の人達でにぎわうそうです。

この後、昨晩駅に迎えに出てくださった友人のまーちゃんが、ホテルまで迎えに来て下さり、ご主人が、走って来る次男夫婦を見張ってる場所へ、連れて行ってくれました。
意外と早く来たようで、あと一分早かったら、と私が遅れた事を残念がってくれました。
「笑顔で走って行ったよ。」と教えてくれて、その後は次々やってくる走者の皆さんに声援をおくりました。

ランニングシャツに短パントランクスのおっちゃんに、「寒くないですか?」と声をかけたら、「寒いよぉ~。寒くていつバスに乗ろうかと思った」とリタイアしそうだったと言いました。
そのおっちゃんは愛媛県から参加したそうで、「ここは良いよぉ~、おもてなしが良いよぉ~。帰ったら言わなくちゃ。」と高知のおもてなしに大いに満足げでした。


a0303241_22281552.jpg


まーちゃんのご主人がおっしゃるには、このおもてなしを重要視して、今までよりはだいぶ良くしたんだそうな。
その甲斐あって、次男達も何処よりも良かったと使えていました。
フルマラソンを完走した次男夫婦は、30代の参加者900人台中200番台だったようです。

この後私はまーちゃん家に伺いました。
懐かしい工房は(一閑張の工房)、沢山の作品でいっぱいでした。
看板猫のマロンとも再開でき、グルグルニャーと歓迎されて、まるで故郷に帰ったようでした。

a0303241_22263376.jpg


a0303241_22284841.jpg


a0303241_22304193.jpg


この梅が、とても良い香りを漂わせていました。

今晩の夕食は、一緒に。とご主人が予約してくださっていました。



またまた続きます。
[PR]

by kebinmay | 2014-02-19 22:32

ご無沙汰しておりました。

なぁ~んてね。

弾丸低気圧、私はこう覚えていました。
文字を見無かったんですねぇ。
実際は、南岸低気圧。

その南岸低気圧の襲来に、二か月前から予約していた予定が散々な事になりました。
14日から雪が降り出し、その前の週に降った量よりは少ない予報で、15日には雨になるとのことでした。

実際は、15日朝になってビックリな光景、大雪でした。
羽田8時35分発の飛行機に乗る予定でしたから、4時には起きました。
まずパソコンで航空機の状況を見ると、8時35分は欠航が決まり、その為次の航空機に変更しようと思いましたが、次の次に変えました。
テレビもつけたままで交通情報を見ていると、電車もあやしくなってきました。

変更した13時台の飛行機も欠航が決まり、パソコン上では更に変更が出来なくなりました。
電車の在来線も次々運転見合わせに変わり、飛行機は諦めました。
新幹線に変更。と言う事で新幹線の駅まで夫が車で送ってくれましたが、いつもは20分で行ける所ですが、1時間過ぎても着きませんでした。

なんとか新幹線で東京駅まで出て、次男夫婦と合流し、更に東海道新幹線で岡山まで。
14時半過ぎに出て、18時に岡山駅に着きましたが、高知まで行く電車への乗り換え時間が4分。
走れない足で早足。
やっと乗れた特急は、我々のようなお客さんで満員状態。
21時に高知駅に到着。
ホームに出ると、「やっと着いたぁ~、9時間。」と声を出してる若い人たちがいました。

この若い人たちも、我が家の次男夫婦も、翌日16日開催の「龍馬マラソン」へ参加する為に、ここ高知へ来たのでした。
私は勿論、金魚の糞状態で、次男夫婦について来たのです。
久しぶりに高知の友人に会う事と、このblogで知り合えた、高知県の人に会えたらいいなと。

自宅を出たのが10時。
でもなんとか高知まで辿り着く事が出来、駅には夜遅くなのに、友人ご夫婦が迎えに来てくれていました。
その暖かさに泣きそうになりましたが、強烈ドライアイの目からは、そう簡単には涙は出ません。
懐かしさや、ありがたさで、二人でハグ。
よかったぁ~。

早々にホテルへ届けて頂き、私はルームサービスで夜食を取り、それだけでその日は休みました。
朝に食べただけで、昼食を取る余裕も無く来ましたので、ホッと出来ました。


a0303241_21505086.jpg



明日に続きます。
[PR]

by kebinmay | 2014-02-18 21:50

色々あります。

始まった冬季オリンピック。
本当にみなさん頑張っています。

昨日は、夜遅い時間に男子スピードスケート500mを見ました。
氷の上での凄いスピード、氷上のF-1とも言われる競技で、このオリンピックでは更にそのスピードがアップしてる気がしました。
テレビを見ながら応援しているこちらも、力が入ってます。

日本の長嶋選手、加藤選手の記録があまりパッとしません。
オランダの選手が驚きの記録です。
結果そのままオランダは表彰台独占。

長嶋選手が、「結果が出せなくて、申し訳ございませんでした。」と謝罪したんですよね。
それを見ていて、「そんな事言わないでよ。」の気持ちでした。
頑張ったんだから、それでいいじゃない。
なんてったって、日本じゃ貴方達より良い結果が出せる人はいないのだから。

こんな風景を見ていると、その国の代表って何なんだろうって考えちゃう。

国が次の対策を考えたら良いんじゃないかと思うのです。
選手に、重い負担をかけちゃいけないんじゃないかと。
だって辛すぎるよね。



先日の大雪の日のケビンは、雪の中に出ていくのを一度は渋りました。
でも、どうしてもシッコしないといけないので、私に「行って来なさい!」と叱られて、なんとか出掛けて行った写真です。

a0303241_2136266.jpg


この後を、ヴォスが出てきて、見た事無い風景にビックリ。
外へは出ず、中に入って来ました。

ケビンも用を足した後は、すぐ帰って来ました。
ビックリな雪の日で、ほぼ一日中降っていました。
風もあって、降った雪が撒きあげられていました。
雪国関東、になった日でした。

a0303241_21393660.jpg


翌日は太陽が出て、溶け始めましたが、気温がそれ程上がらなくて、まだまだ雪は残っています。
今日は千葉県等ではまた雪が降っていたようですが、もうこれ以上の雪は降らなくていいですね。
春が待ち遠しくなります。
[PR]

by kebinmay | 2014-02-11 21:42

「老」な我が家。

ケビンは人間でいったら70代半ばなんだとか。
そんなお年寄りで、シャンプーに耐えるのはきつかったのでしょうね。
帰宅して、一段落すると、こんなスタイルで寝てしまいました。

a0303241_23312268.jpg


老犬になった時のシャンプーの仕方って無いのでしょうかね。
毎月同じようにシャンプーされてるようですが、本犬にとっては、長時間の起立姿勢は辛いと思うのです。
私が自宅でしてあげようかと思っても、慣れてない私がするのは、更に本犬にとって辛い事になるかな?とも思ったり。
老老介護と同じようなものですね。

a0303241_2336587.jpg


人間が年を取って、筋肉がゆるむのと同じで、この頃は口もあくし、イビキが大きい事もあります。
目も白内障が出ています。
それでも、元気でいてくれる事に感謝です。


私のキルトは、おかげ様でキルティングがうまくいくようになって(だいたい)、結構進むようになりました。
良かった良かった。
この調子でどんどん進めたら嬉しくなります。
次の教室の日までに、オトシキルトが終了して、次の段階へ行ける事間違いなしです。
でも、キルティングの仕方は二通りあって、今私がしているやり方は、ちょっと楽な方。
もう一つ別のやり方の方を身につけたいのですが、先日、3年通ってる人が、「いまいちなのよね」と言っていたので、気長に出来るようになる時を待ちましょう。
[PR]

by kebinmay | 2014-02-06 23:50