昨日と今日。

昨日の午前11時近く、リビングへ行くと母がテーブルの上で荷物を片づけていた。

毎週金曜日は近くのスーパーへ行くので、危ないからと言っても聞き入れないので黙認している。
でも、暑くても嫌いだからと帽子をかぶらないので、それだけはきつく言って日傘を持たせてる。

何個か冷蔵庫へ買った物を入れた後、「転んだの」と言いながら口に入れたティッシュを見せた。
ビックリ!真っ赤になってる。唇が切れてるみたい。
血液を流れやすくする薬を飲んでるので、血はすぐには止まらないはず。
それが、ポトポトと垂れるほど出ている。

私的には、「これは大変」と思ったのですが、これでお医者さんへ行くか?
自分の中で考えましたが、ティッシュよりちょっと堅めのキッチンペーパーを噛ませて、鼻の下を保冷剤の小さいので冷やす事にしました。
よくよく見ると、前歯が2本無い。

どうなったの?どこで?何故?

すると玄関前に来てつまずいたと。他は何処か痛いところは?と聞いても何ともないと。
昼食を食べさせないわけにはいかない。本人は食べないと言うけど、食べない分水分が取れない。
暑いから熱中症が心配。
お粥を食べさせて、また様子見。

午後4時頃になってやっと血液が薄くなった。
すると今度は腕が痛いと言いだした。
左手首が痛いと。

骨折していたら大変なので、日本赤十字病院へ時間外で連れて行った。
昨日は脳外科の先生しかいないと言われたが、それでも結構ですと受診した。
お医者さんはまだ病室にいて来ていない。
その内に痛くてどうにもならないと、段々変な状態になってくる。
心臓がアップアップなので、辛いと影響が出る。

過呼吸になってきて、汗がびっしょり出て、呼んでも反応が弱くなった。
看護師さん達もあれやこれやしてくれるけど、とにかく痛みが強いらしい。

やっとお医者さんが来てレントゲン室へ。
その時はストレッチャーです。
撮影が終わって、お医者さんの説明では折れてはいないようだと。添えをして湿布をして包帯を巻かれました。
それで私の気持ちは決まりました。
そこからは母にカツを入れ始めます。しっかりしなさい!

それでも吐いたりするので聞いたら、血を飲んでしまったのが出ている、と言う事で、吐いたらちょっと気分も楽なったみたいです。
何度も何度も気合いを入れて、お医者さんは入院すると痴呆とか出てしまうので、自宅で休む方がいいと言われて帰って来ました。

寝ても痛くて眠れない、と起きて来る。
まるで子供のようです。なんとか寝かせて、その後も壁に耳を当てて様子を見る。何度も様子を見る。

今朝、どう?て聞いたら、「もう随分痛みは楽になった」と言うのでホッとしました。
でも、今日は整形外科を受診するように言われていたので連れて行きました。
CT撮影もしましたが、ヒビが入っているのかもしれないが、ハッキリしないとのこと。
とにかく骨折はしていませんでした。
また固定されて10日に受診する事になりました。

夕食も普通に食べて、元気にもなったようなので一安心です。
そんな事で、今度は私がドッと疲れが出た感じです。
年齢が年齢だけに、いつ何が起きても不思議ではありません。そのつもりでいたのですが、いざそうなったらアタフタしてしまいました。


写真は昨年の9月末、6年ぶりにやって来た、高校生で我が家にホームステイしていたオーストラリア在住のイギリス人。ケビンはこの時彼を憶えていたんです。
a0303241_2304349.jpg

[PR]

# by kebinmay | 2013-08-31 23:00

不良おばさんしてました。

先週の金曜日、母をお医者さんへ連れて行って、私に訴えていた事をお医者さんへ話そうとしたら、「余計な事言うな」と言いながら私の手をバシッ!

そんな事言うんだったら騒がないでって言いたいけど、そうもいかない。
ほんとに、強気で子に従わない年寄りです。
それから買い物へ出て、ついでにご無沙汰だったビデオ屋さんへ。
久しぶりに韓流ドラマを借りました。
その夜から、見始めたら止まりません。
夜中まで見てしまいます。

翌日の土曜日はオペラ検定の日。
自信が無かったけど、一応受験しますって言ってたので受けました。
3級と2級。
良かった。合格出来ました。

その夜もまたビデオ見て、寝不足です。

日曜日には姪が子供連れて来ます。
ひ孫をお婆ちゃんに会わせたいと連れてくるそうです。
子供が這いまわるので、室内を一応毛が無いように掃除して、それでも毛の製造機はいる訳で、そこそこ良いかなって程度に掃除しました。

午後になって来た姪家族には、ケビンが歓迎して子供が泣くしワチャワチャになりましたが、この子供はあっという間に大きな犬にも慣れてしまい、楽しく煩く遊んでおりました。

a0303241_23172060.jpg

93歳8カ月のひいおばあちゃんと13カ月のひ孫です。このひ孫、ちょっとガキ大将になりそうな顔立ち。母乳じゃ無かったのでちょっと細めだと言うのですが、これくらいの子が細いとちょっと気になります。

a0303241_23195018.jpg

自分が一番だった母親は、この写真を見ながら「可愛いね」ですって。やはり自分のひ孫となれば可愛いんでしょうね。プリントしてほしいそうです。

毎晩のビデオ観賞で睡眠不足が重なり、とうとう今日は午前中休みました。
ケビンは私が寝室へ行かないと本格的には寝ません。
そんなケビンが昨夜はとうとう「寝ようよ」と、私にお手をしたのです。
手をくれる時は何かを要求しています。おシッコじゃないので寝ようと言う事です。
ごめんね、と言いながら寝るのでした。

今週に成って、ますます過ごしやすくなっていたのですが、なんと明日は37度の予報です。
台風の影響でしょうが、また暑いなんてもう沢山ですね。
[PR]

# by kebinmay | 2013-08-29 23:28

そろそろ猛暑の終わり?

三日前から夕方や夜になると雨が降ります。
この雨で庭や畑の雑草が勢いを増して来ました。
植物も正直です。

今晩の日本テレビの番組、「世界番付」を見ていました。(パソコンしながら)
明日が24時間テレビと言う事もあって、関連付けるメニューでした。
その中で、「超感動ストーリー番付」があって、その三位から。
アメリカの、戦地に行ってる軍人さんの子供たちへのサプライズ。
学校の教室で勉強している子供の父親が、一年ぶりに姿を見せます。
言葉も無く泣き顔で掛け寄る子供。その子を抱き上げる父親。そんな姿が三人見られました。

スタジオのタレントたちも涙ぐんでいます。
一位がアメリカの「天国からの手紙」でした。
6歳の女の子が脳腫瘍で余命4カ月と宣告されて、それでも良くなると信じて頑張る。
両親と妹は、彼女に最高の日々を送らせてあげようと、したかった事を実現させてあげる。
でも、8ヶ月後に亡くなってしまう。
すると、家のいたるところから彼女の手紙が(メモくらいの物)みつかる。
大好きママとか、愛してるパパとか書いてある物。
亡くなって数年が経過した今も、見つかっていると言うお話。
スタジオの皆さん泣いていた。

でも私は違った。
二番目に出たゾウさん親子の映像。
小象が井戸に落ちて、這い上がろうとするけど出られない。母親と思われる象が手伝おうとするけど上がれない。兄弟と思われる小象よりちょっと大きめの象と三匹。
そこへレンジャーの車が近付く。「助けてあげるからどきなさい」と言いながら、車が来るのを邪魔しようとする親の象を森へと追いやる。
それから何度も失敗しながら、小象にロープをかけて車で引く。なんとか引き上げられて自由になった小象が、荒野を走る。親の象が行った方へと走る。すると親象が遠くから走って来る。その後ろから兄弟象も走って来る。
その姿を見た時、泣けてきて、「頑張れ頑張れ、お母さんの所まで頑張れ」と言いながら泣けて来ました。
やっと会えた時、小象はおっぱいを飲み始めました。
その三匹の象の出来ごとに、凄く泣けてしまいました。

何故か動物には無条件で泣かされます。


我が家の小さな庭で、この夏も蝉が誕生して行きました。
写真の数よりもう二つ見つけましたから、全部で13匹です。
今年は多かったです。
でも、今年も卵を産んだんでしょうか。それが気がかりです。
a0303241_22173013.jpg

[PR]

# by kebinmay | 2013-08-23 22:17

いやぁ~、随分ご無沙汰しました。

15日午後から、息子2号夫婦が来て野菜をたくさん持ってきてくれました。
スイカもあります。
ケビンは大好きな二人が来たので大騒ぎ。
後でグッタリになるのですが、これは性格もありますからしょうがないですね。

私がピザが食べたかったので、夕食はピザの宅配でした。
お婆ちゃんも一緒にLサイズ二枚オーダーです。
結構満足できました。

16日は市の環境委員会の書類提出期限。
それが13時までわかりあわてました。
30分遅刻しましたがなんとか提出出来ました。
そのまま県のエコ・カレッジの問題もやってしまおうと思い取りかかりましたが、なんとか問題は終了。
課題の文章だけ残りました。
でもそれは明日まで提出期限です。

頭を使うと頭痛がしてくるって本当ですね。
いつも感じます。

この日はケビンのシャンプーの予約もありましたので、やっとケビンは綺麗になれました。
お腹を壊してるのと、頬に傷が出来てるのも見て頂き、お腹は細菌性の下痢だと言う事でお薬を頂いて来ました。
もう年を取ったケビンは、シャンプーの最中立ったままなのは疲れるんだと思います。
いつも同じ人が担当してくれる訳では無く、経験の浅い人もいます。
可哀想だと思うのですが、お医者さんと一緒になっているトリミング室で、1歳の頃からずっと行ってるので一番かなと思ってます。

若くも無い私が自宅で大型犬のシャンプーはとても出来ません。

そんなこんながこれまでの日記です。
土曜日は何もしないでお休みでした。


ところが、昨日はケビンが表の通りを奥さんと散歩に来たラブラドールのワンちゃんに、自宅の車庫のフェンスを開けてワンワンしながら走って行ったのです。
いつも紐で縛ってある車庫のフェンス。誰が開けたんだろう。
と思っていると、庭で水やりをしていた夫が、かけて行きました。
通りでワンちゃんの奥さんに何か言われていました。ケビンが見えないので私もお勝手口からケビンを呼びましたが来ませんでした。

しばらくしてケビンと夫が家の中に来ました。
夫が「何もあんな事言わなくたっていいのに」とかぶつぶつ言ってました。
聞いてみると、「いつかこんな事になるんじゃないかと思っていた。」「だからここは危ないと思っていた。」と言われたんだとか。

ケビンが脱走して行ったのだからこちらは何も言えません。
飼い主として失格です。
でも何故開いたと思います?フェンスはいつも縛っておいたのに、それを解いて出入りしてまた縛っておかなかったのは夫です。
私が口うるさく言うと切れるんですよ。
だから昨日も私は縛っておかなかったのは誰?とは言いませんでした。
いつもいつも言ってるのに!
ケビンが飛び出した時、車でも来ていたらどうなっていたか。

私がいつもいつもお説教してるみたいなんですって。
自分はお説教されてるようでイライラするんですって。
男だったら大きな気持ちで「はいはい」とか「そうですね」とかって受け取れないの?と言ったら、「男だからって、男女平等じゃないの」ですって。
こんなじい様ばあ様になってから、何が男女平等よ!

こんな事がしょっちゅうなの。
夫は前に進むだけで後ろの確認をしない人なの。
言っても「そうだね」と言う事はありません。
必ず言い訳します。子供みたいでしょ。
年とともに、それが酷くなってきたようにも思います。

今日は愚痴だらけになってしまいました。
以前に編んだものです。気分転換に、ごらんください。
a0303241_21203948.jpg

[PR]

# by kebinmay | 2013-08-19 21:20

振り返ってみて・・・。

義姉さんの事で何故あれほどイライラしたのか。
いつもはスル―っと流せた事を、いちいちつまずいてイライラしてた。

キッチンも、「義姉さんいいですよ、私がしますから座っててください」と言えば済む事。
何故それを言えずにイライラしたんだろう。
性格上、何でも言えた私が何故言えなかったんだろう。
冷蔵庫だって、「そんなに開けてたら冷気が逃げちゃいますよ」なんて言えちゃうのに。

暑さのせいかな?
もういつもの自分じゃ無くなっていた。


書類を読まなければならないのに、なかなか集中出来ません。
気分転換に庭に出て、植物達のチェックしたいのに、ちょっと立ってただけで蚊に5か所も刺された。
この痒みはイライラする。
ムヒはもう無くなっていたのを買い忘れた。
痒い痒い、我慢できない。無くなったチューブを更に絞ってみる。ちょっとだけ出てきた。
塗ってもすぐには痒みは消えない。


何故かどこかにイライラが詰まってる。
何故なのか。
自分でもよくわかりません。

こんなのも編みましたよ。(過去の作品)
a0303241_2304257.jpg

[PR]

# by kebinmay | 2013-08-14 23:01